アレルギー肌が安心して使えるリフトアップ化粧品かどうかチェック

近年食生活の変化などによりアレルギー肌がとても増えているといわれています。生まれつきの肌質が年齢とともに変化することがありますので、化粧品選びも慎重にならないといけませんよね。もちろんアンチエイジングも同様に、アレルギー肌の場合は安心して使えるものが良いためどのような点に注意して選ぶのかポイントを見ていきましょう。

アレルギー肌のリフトアップ化粧品は

  • 敏感肌用とアレルギー用の違いを理解
  • パッチテストをしている商品
  • トライアルを使ってみる

以上3つの点について見ていきましょう。

敏感肌とアレルギーの違いについて理解しておこう

敏感肌とアレルギー肌って症状は湿疹や赤みなど共通ものがありますが、根本的には肌の機能が違います。敏感肌というのは肌のバリア機能が弱く外部の刺激により肌が過敏に反応すること。紫外線や雑菌などの刺激にダメージを受けると肌を守る情報伝達物質が発生します。これが原因で肌のかゆみや湿疹、乾燥といった症状がおこります。

アレルギー肌の場合は肌が敏感であることは似ているのですが、過敏に反応するのはアレルゲンによるもので、敏感肌のようにバリア機能が弱く特定の物質を有害なものとして肌が感知してしまうのです。

アレルギーには原因になる物質が肌に接触して1~3日ほどして炎症反応が出るアレルギー性皮膚炎や、接触性敏感肌と呼ばれる、アクセサリーや衣類の線維、動物の毛などにより症状がおこるタイプなどがあります。化粧品でアレルギー反応が出るのは、この接触性敏感肌で化粧品に含まれる香料や保存料などの添加物が肌に刺激となってしまいます。

まれに美白有効成分がアレルゲンになる場合もありますよ。

パッチテスト済みのリフトアップ化粧品を選ぶ

アレルギー肌は敏感肌と同様にバリア機能が弱い特徴がありますので、外部の刺激を受けやすくそのため肌の水分が不足しがちです。老化しやすい肌環境がありますので、たるみやハリ不足なども健康な肌よりも感じやすいといえるでしょう。

でもリフトアップ化粧品を使いたくてもすべてがアレルギー肌用とは限りません。必ずパッチテストを行っているものか、アレルギー肌でも使えるのかどうか確認して購入しましょう。メーカーのカスタマーセンターに直接問い合わせてもいいですし、ホームページで配合成分などを確認することも方法のひとつです。

敏感肌用のアンチエイジング化粧品はとても増えていますが、アレルギー肌には適さないものもあります。自分の肌環境を正しく理解してまずは皮膚科で相談してみることも大切ですよ。

トライアル化粧品でまずは肌に合うかどうか確認しよう

アレルギー肌でも使えるリフトアップ化粧品は、まずトライアル化粧品から使ってみましょう。トライアルセットは洗顔料や化粧水などがライン使いできるチャンスですし、化粧水が肌に合わなくてもクリームなら使える、という場合もあります。

バリア機能が弱いアレルギー肌はアンチエイジングをする際は保湿が何よりも重要です。浸透性の高い保湿化粧品を選び無添加で肌に刺激のないリフトアップ化粧品がオススメです。

トライアルがない場合は返金保証がある化粧品にすると安心ですよ。肌に安全と宣伝されていても実際に使ってみないとわかりませんからね。

コメントは受け付けていません。