ビーグレンはなぜたるみに効く?リフトアップの秘密について

肌のたるみは毛穴の開きやほうれい線、シワなどあらゆる見た目年齢の原因を招きます。年齢とともにフェイスラインがゆがみ、何度も顔を鏡のまで引っ張りたくなりますよね。そんな肌の老化が気になる人に注目されているのがビーグレン。皮膚科医が開発したドクターコスメにはどんな特徴があるのか、たるみ・ほうれい線ケアシリーズの秘密についてみていきたいと思います。

たるみがない肌は気分的にも若がらせてくれますよね。肌環境は女性が自信をつける大切なポイントです。早速ですがビーグレンだけの独自技術「キューソーム」のたるみ改善効果についてご紹介しましょう。

ビーグレンのキューソームとは

  • キューソームについて
  • 長時間保湿が持続
  • セラミド補給に適した技術
  • 朝リフトの効果

以上4つの点を見ていきましょう。

ビーグレンのキューソームとはなに?

ビーグレンの愛用者がもっとも支持するのが独自の浸透技術「キューソーム」。開発したアメリカのドクター・ケラー氏はがん研究を行うカリフォルニア大学薬学部の教授。治療薬をがん細胞に届ける研究を行い、その方法を美容にも生かしたことがビーグレンの独自浸透技術の誕生となりました。

キューソームは有効成分を小さなカプセルに入れて届ける技術。国際特許の浸透テクノロジーで肌にしっかり有効成分が届く働きは、皮膚科学でも論理的に裏付けられています。

私たちの肌は汗や皮脂で常に覆われていますので、化粧品の成分がこの油の膜に邪魔されて浸透しないデメリットがありました。キューソームのカプセルは人間の皮脂に近い構造をしているため、本来なら表面でブロックされてしまう様々な美容成分が、無駄なく角質層の奥まで浸透できることがビーグレンの秘密なのです。

保湿効果が長時間続くのでたるみケアに効果的

たるみを改善するリフトアップは保湿効果を高めないとなかなか効果が実感できません。マッサージして肌を引き締めることはリフトアップに欠かせないケア方法の一つ。さらに肌のハリを内側から出すためには弾力をサポートするコラーゲン補給が欠かせません。

たるみは肌の水分が蒸発するとともに失われてしまうハリ成分を補うことが改善の秘訣。ビーグレンは5つのリフトアップ成分でコラーゲンをサポートしながら集中的にたるみを改善してくれます。

キューソームの微粒子サイズのカプセルが肌の奥まで到達し、保湿を長時間持続させることもビーグレンのリフトアップ効果にメリットになっています。

セラミドは肌の表面だけでは意味がない!

セラミドはただ肌に補うだけでは本来の働きを発揮しません。ビーグレン人気の「キューソームローション」はセラミドを増やすビタミンC誘導体、そしてセラミドを定着させるホメオシールド、さらにセラミドが効果を発揮しやすい環境を作るためのアクアタイドを配合しています。

これらのサポート成分により本来はなかなか効果が出ないセラミドがしっかり肌の弾力回復に活躍できるため、さらにリフトアップ効果が高くなるのです。

朝リフトでたるみを改善しよう

ビーグレンでたるみ改善をする秘訣として、リフトアップ効果を引き出す「朝リフト」という方法があります。ビーグレンが推奨する朝リフトとは、朝起きた時にむくみやすい顔をキューソームの浸透技術で、リンパの流れを改善しフェイスラインをすっきりさせるというもの。

朝は体が活動するスタートになりますので、スキンケアの役割もとても大切です。たるみ原因を改善するには朝リフトで肌に良い成分を補い、活発に働く日中の間に肌を外部の刺激から守りしっかりリフトアップしてくれるのです。まずはビーグレンのトライアルセットで使用感などをチェックしてみましょう。

↓↓お得なWEB購入はコチラから↓↓

コメントは受け付けていません。