アヤナスのバリア機能アップの効果!敏感肌のほうれい線対策

アヤナスが敏感肌のバリア機能によい理由は

  • バリア機能とは
  • 敏感肌によいわけ
  • 敏感肌とほうれい線
  • ストレスケア
  • アヤナスを使うコツ

以上5つの点を見て行きましょう。

肌を守るバリア機能の役目と年齢肌の関係

「肌のバリア機能」という言葉をよく聞きますが、どのような働きをするものか詳しく知らない人も多いでしょう。アンチエイジングを始めるにあたり、バリア機能についてまずは正しく理解しておきましょう。

私たちの肌には紫外線や雑菌などから肌を守るバリア機能と呼ばれる働きがあります。年齢を重ねるごとにバリア機能が低下するため、刺激に弱くなり敏感肌になっていく傾向があります。角質層の一番外側にある部分がバリア機能にあたり、肌内部の水分を閉じ込めうるおいを保つ大切な働きも行っていますよ。そのためバリア機能が正常に機能してれば肌は健やかになるということなのです。

自分の肌がどれぐらいバリア機能が活発なのか、専門の測定機械もありますのでチャンスがあったらお店で調べてもらうとよいでしょう。それ以外の場合は肌に起こるトラブルでバリア機能の低下が判断できます。まずは乾燥肌。肌の表面がカサカサになり外部の刺激にとても敏感になっています。かゆみやヒリヒリ感、また化粧品の刺激を強く感じる場合もバリア機能が正しく働いていないサイン。またほうれい線などの肌の老化が目立つこともバリア機能の低下により、コラーゲンやエラスチンなどのハリ成分が減っているサインですよ。

加齢によるバリア機能の低下は誰にでも起こること。刺激から肌を守ることがアンチエイジングのコツになりますね。

アヤナスが敏感肌に良い理由について

敏感肌といっても症状や状態は色々です。年齢とともに多くなる敏感肌は表皮の一番の上の層で天然保湿成分のセラミドなどが不足している状態。するとバリア機能が弱く外部の刺激を受けて角質層内で炎症を起こしてしまいます。敏感肌を放置しておくと老化がどんどん進みますので、肌に合わせたスキンケアが必要です。

そんな年齢を感じる敏感肌に評価されているアヤナスは、弱ったバリア機能を回復させるリペア成分が配合されています。角質層内で起こる炎症はひりひりやかゆみなどを招いています。この炎症を抑える「コウキエキス」は抗炎症の働きがあるため、敏感肌の不快な症状を軽減するメリットがありますよ。


またバリア機能を活性化してほうれい線などのたるみを予防するための「CVアルギネート」は、コラーゲン産出を促進する働きがあるので、肌本来の弾力を回復するメリットになります。さらにアヤナス自慢の敏感肌への効果は「ヴァイタサイクルヴェール」と呼ばれる外部からの刺激をブロックする働き。細胞間脂質保湿を行い目に見えないヴェールで肌を守ってくれるような感じですね。

バリア機能を回復させるには大変時間がかかりますし、年齢肌だとターンオーバーの周期が乱れていますので敏感肌のケアをしながらアンチエイジングを同時進行しないといけません。刺激に弱くなる肌を守ってくれるアヤナスは独自の技術であらゆる角度からアプローチしてくれます。

敏感肌だとほうれい線ができやすくなるので注意しよう

角層:荒れた角層のすき間から外部刺激が侵入すると同時に潤いが放出されるため、乾燥が進み小ジワ増加の原因になる。

表皮:外部刺激により炎症が発生し、老化加速の原因となる刺激物質が生まれる。

真皮:表皮で発生した刺激物質によりコラーゲンが切断され、ハリ・弾力の低下・シワ・くすみなどのエイジング現状が現れる

 

敏感肌は見た目年齢が11歳も老けて見えるといわれていますが、肌タイプのせいで損するのはとても残念。いつまでも若々しい肌を維持するためには、敏感肌を改善することが大切です。アトピーや敏感肌はバリア機能が弱いことが特徴ですよね。すると角質層内の水分が外に逃げてしまいうるおいが奪われた状態です。

コラーゲンやセラミドなどが破壊されると肌の弾力やハリが不足するので、その結果敏感肌はほうれい線が目立ちやすくなる条件が揃ってしまいます。ほうれい線の対策としてマッサージで表情筋を鍛えたり血行を改善させる方法は一般的なので、普段のスキンケアに取り入れる人も多いでしょう。しかし敏感肌だと摩擦が肌に負担を与えるのでやりたくてもマッサージができない状態です。

健康な肌の人ができるほうれい線対策も敏感肌だと完璧にできないので、なかなか改善できずさらに老化が進みやすい悪循環となっているのです。このような敏感肌のスキンケアは刺激を与えないことが基本条件。保湿ケアが何よりも大切でデリケートな成分が肌に必要です。

アンチエイジング用の化粧品には刺激の強い美白成分を配合したものなどもありますので、敏感肌専用のアンチエイジング化粧品であるアヤナスが最も有効的であるといえますね。

ストレスケアが若い肌作りのポイント

アンチエイジングを始める30代以降の女性はストレスを多く感じるライフステージを迎えます。育児や仕事、家事などで忙しい生活を送っていると、ふと肌の状態が低下していることに気が付くでしょう。30~40代の働く女性の95%がストレスで肌荒れを起こすと回答しています。疲れた肌を改善するためにはリラックスするのが一番ですが、少しでも肌にかかるストレスを軽減するためには化粧品の存在も忘れてはいけませんよね。

そもそもストレスがかかると自律神経が乱れて血管が収縮することで、皮膚の血行不良が起こります。すると皮膚温度が低下してバリア機能が乱れる原因へつながるといわれています。角質層の「タイトジャンクション」は細胞同士をつないで水分やカルシウムの流出を防ぐ働きを行っています。ストレスが増えるとタイトジャンクションが破壊して水分が外に蒸発して乾燥肌になってしまうのです。

パルマリン:大西洋に生息するオゴノリ、テングサなど赤みの海藻から抽出したエキス。タイトジャンクションを活性化する働きがある。
ジンセンX:朝鮮人参の中で効果が高い部分だけを高濃度・高精製して抽出したオリジナル成分。ストレスで低下する肌の温度を上昇させる働きがある。
ビルベリー葉エキス:ブルーベリーの近縁種ビルベリーの葉から抽出したエキス。線維芽細胞増加の働きを持つ。

 

このからくりに注目したアヤナスはストレスケア・敏感肌・アンチエイジングの3つを同時に進行させる効果があります。ストレスで低下する肌の温度を上昇させる「ジンセンX」やタイトジャンクションを活性化する「バルマリン」、そしてアンチエイジングに良い線維芽細胞増加の働きを持つ「ビルベリー葉エキス」の3種類を配合。これによりストレスによる肌のダメージを予防、改善できるのです。

アヤナスの効果を引き出す使い方について

敏感肌のスキンケアは洗顔から保湿まですべてのステップで刺激を与えないように意識しましょう。ほうれい線の目立つ敏感肌など老化サインは肌タイプに合わせて効率的に行うことがポイントです。

アヤナスは敏感肌に特化したプレミアムのアンチエイジングブランド。使い方でさらに効果を実感しやすくなりますよ。基本的な使い方ですがローションは1プッシュ手の平に取り数秒間温め、顔の内側から外側に向かって優しく広げます。さらに1プッシュして次は顔全体をハンドプレスして浸透させること。乾燥が気になる部分はしっかり重ねつけがコツです。

美容液やクリームも同様に、最初に肌になじませた後に再度ハンドプレス。首のケアにも使えるので年齢が気になる人はスキンケアのついであごから下もアヤナスで保湿しましょう。

また敏感肌はバリア機能を高めながらほうれい線などの気になる症状を改善していくことが大切です。アヤナスが肌に合うかどうか、まずはトライアルセットから試してみましょう。ゼラニウムとラベンダーの天然の優しい香りが、疲れた時のスキンケアを快適な時間に変えてくれますよ。

↓↓お得なWEB購入はコチラから↓↓

保湿&エイジング

コメントは受け付けていません。