たるみはリフトアップ手術しないとダメですか?老けて見られ困ってます!

現在40歳です。30代から頬のたるみがはじまり自分でもかなり老け顔だと思っています。リフト手術しないとだめでしょうか。

リフト手術などの美容外科的な手術は即効性がある点はいいのですが、肌にダメージになりますし施術法によっては効果が半年~1年ほどしか続かないものがあります。それよりもリフトアップ化粧品を使って肌の土台から回復させたほうが安全で、長く効果が期待できます。

残念ながら化粧品を使ってもすぐにリフト効果はありませんが、40代を過ぎたらアンチエイジングを意識したスキンケアに変えて、ゆっくりお手入れを続けてください。色々な美容成分があるので肌に必要なものを与えましょう。

たるみは加齢とともにひどくなるばかり。何もしなければ症状は悪化するだけで40代を過ぎたあたりからどんどん個人差が現れてきます。男女にかかわらず年齢が肌にでてくるのは仕方がありませんが、肌のたるみを改善するには大きく分けて2種類の方法があります。ひとつはクリニックで手術で受けるか、もうひとつは自然にリフトアップするか。手術と聞くと怖いと感じる人はとても多いでしょうね。

できれば無理をせず自然にリフトアップして見た年齢を若返られたい、そんな方にご紹介したいのが手術をしない11の方法です。早速今日からトライして肌に安全なリフトアップをスタートしましょう。

自然にできるリフトアップ法とは

  • パイナップル
  • プライマーを使う
  • フェイスマスク
  • フラウニーズ
  • 明るめのアイシャドーを使う
  • マッサージ
  • 頬骨にハイライトをいれる
  • 眉毛でリフトアップさせる
  • アイクリームを使う
  • 美顔器
  • 卵マスク

以上11の方法を見ていきましょう。

パイナップル

パイナップルは肌にとても栄養価の高い食べ物で、ハリ回復には欠かせません。たるみ改善のための弾力回復、保湿、ツヤなど全体的に肌を若く見せる効果があり、しかも果物なので手術で皮膚にメスを入れる必要もなく簡単にできるリフトアップ方法です。

まずパイナップルの実をほぐしたものを製氷皿に入れて冷凍庫で一晩凍らせます。凍った冷凍パイナップルを冷たいまま顔に乗せてゆっくり5分間マッサージ。パイナップルには酵素が多く含まれ酸の働きでピーリング効果もありますので、肌のくすみ、シミには抜群の効果が期待できます。

さらに乾燥した肌の保湿にも良いため、アンチエイジングにはぜひ毎日続けたいスキンケア方法といえるでしょう。

プライマー(下地)を使う

メイクをする際のコツでリフトアップ効果を出すアイテムがプライマー(下地)。下地は肌表面をスムーズにするだけでなく、トーンを明るくし目の下のクマ、くすみ、また引き締め効果があるタイプも存在します。 乾燥肌タイプは保湿効果のある下地を使うとしっとり効果が続きさらにメリットになりますよ。

肌をリフトアップするのは大変ですが、ワントーン色が明るくなるだけで表情全体が引き締まって見えるようになります。自然でしかも簡単にできる方法なのでぜひ試してみましょう。

フェイスマスク

肌細胞を活性化するフェイスマスクは、リフトアップ効果があるタイプも種類豊富に販売されています。数分間肌に乗せておくだけで引き締まる効果があり、数時間は持続しますので大切なデートやイベント前に使えますね。

オーガニック系のコスメショップには植物成分で作られたフェイスマスクがありますので、肌が敏感な人はぜひ使ってみましょう。もうひとつオススメしたいのがホームメイドで作れるフェイスマスクです。簡単にできますので、週に2~3回ほどプラスケアとしてやってみてくださいね。

ビタミンE入りのマスク

必要な材料は、生クリーム1/4カップ・つぶしたバナナ1本分・ビタミンEカプセル1つ。この3種類の材料を全部混ぜてペースト状にしてください。洗顔後の肌にマスクを全体的に伸ばし、首のシワにも広げておきましょう。マスクは15分置いてから綺麗に洗いながらして完了です。

レモンマスク

材料はレモン1個分の絞り汁・引き締めローション・粉ミルク大さじ1・とき卵1個分。 材料をすべて合わせて泡立てるようにしてよく混ぜておきます。たるみ肌、首のしわなど、全体にマスクを伸ばして12~15分置いてからぬるま湯で洗い流してください。しっかり落ちない場合は最初にティッシュOFFしておくといいですよ。

フラウニーズ


アメリカのアンチエイジングで大変人気がある「フラウニーズ」は、日本でも個人通販などで購入ができます。フラウニーズはシワ取りパックで1889年から長く愛用されているアイテムです。

成分は植物成分や自然素材で低アレルギーなので敏感肌の方も安心。たるみ肌が顔の筋肉の老化や硬直が原因である点に着眼し、パッチになっているシールのようなパックを顔に貼り付けてシワの予防を行うものです。パッチは筋肉の緊張を緩和しますので、新たなシワの予防にもなります。筋肉レベルからたるみ肌を改善したい方にとてもオススメです。

フラウニーズの使い方はとても簡単。ほうれい線などのシワ、眉間のシワなど気になる部分のシワをよく伸ばした状態でパッチを貼り付けます。そのまま一晩寝ると朝にはハリが回復しているという仕組みです。最低でも3時間は貼り付けたままにしておくことが効果的なので、寝る前に着けて朝剥がすだけととても簡単なリフトアップ方法ですよ。

フラウニーズは目の下のクマ、ほうれい線、目尻のシワ、など気になる顔にできる溝やラインを改善する効果がありますので、興味がある方はぜひトライしてみましょう。

明るめのアイシャドーを使う

色彩の効果はそれぞれ違いますので、メイクで使う化粧品の色にも注意が必要です。たとえば暗めのシャドーを使うとさらに顔全体がたるんで見えるため、ダークブラウンなどはできれば避けたいですね。

リフトアップするコツとしては明るめのシャドーを使い、目元から引き締まった印象をアピールしましょう。パール系のシャドーは輝きがあり肌の色もワントーン明るくしてくれます。発色がよいのはシャネル、ボビーブラウン、レブロンなどのシャドーが年齢肌にとても魅力的になりますよ。

第一印象は目の周辺といってもよいほどです。暗めのメイクは表情を暗くさせる効果がありますので、年齢を感じる肌ほど明るめの色を積極的にメイクにプラスしてくださいね。

頬のマッサージ

頬の筋肉のたるみはほうれい線の原因になります。頬を集中的にマッサージすると筋肉が引き締まり、フェイスラインもすっきりしますので簡単なリフトアップ方法ですよ。

やり方は洗顔後や入浴後の肌に、軽く手のひらで頬の部分をパッティングするように叩くだけ。1回に5分間ほど続けてマッサージを行い、1日朝と晩に2回続けてください。叩いていくと肌がヒリヒリするようになりますが、適度な刺激は筋肉に効き目があるサイン。あまりにも強い痛みがある場合は無理に続けないでくださいね。

軽く叩くマッサージは顔の血流を活発にするため、顔色が悪い人、肌のくすみが気になる人にも大変メリットがありますよ。

頬骨にハイライトをいれる

このリフトアップ方法もメイクで行うちょっとした裏技です。お出かけ前に顔のたるみがとても気になる時ってありますよね。こんな場面ですぐにできるのが、チークのハイライト方法です。
頬骨に沿って明るめのチークを付けてインパクトを残します。明るい頬骨はリフトアップ効果だけでなく、肌を引き締めて見せる効果もありますのでメイクの際にチークをプラスしてみましょう。

リフトアップ化粧品は人気ランキングをみると様々な商品が紹介されています。基礎化粧品は40代以降のアンチエイジングには欠かせないものですが、急な場面でどうしても年齢肌を何とかしたいという時はメイクが大変効果的。肌の老化をストップできる方法ではありませんが、若く見せるコツとして覚えておくと安心です。

眉毛でリフトアップさせる

眉毛はメイクのなかでもとても気を使う部分ですよね。眉毛の形、アイブローの色によって表情ががらりと変わってしまいます。リフトアップ効果を意識する時も眉毛の描き方を工夫してみましょう。

表情がパッと引き締まって見えるようにするには、自然なアーチ型で眉毛を描いてください。眉骨部分には明るめのブラウンやベージュ系の色をプラスして目元にハリをだしましょう。眉毛だけでも顔全体に引き締め効果があり、さらにたるみ改善にもメリットがあります。平らな眉毛だけと表情が平面的に見えますので、うまくハイライト効果をだしながら描くと若く見えますよ。

アイクリームを使う

アンチエイジングに人気があるリフトアップ化粧品ですが、とくにオススメしたいのがアイクリームです。目元を引き締め、たるみやクマを消すタイプのクリームは目元にハリを出してくれますよ。

年齢とともに顔全体がたるみはじめ、目元も瞼が重くなるように見えます。そのためほうれい線がはっきりしていない肌でも、目元が下がり気味になっているだけでかなり老けて見えることもあるのです。

リフトアップ化粧品は化粧水や乳液などの基礎シリーズをはじめ、とくに年齢がでやすい目元や口元などをポイント的にケアすることも重要です。お使いのアンチエイジング化粧品のライン使いをするなど、気になる老化症状に合わせて化粧品をプラスしてくださいね。

美顔器

リフトアップ化粧品は年齢肌が気になるとほとんどの方が、何かしらのアインチエイジングアイテムを使っていると思います。さらに肌のハリや弾力を回復するためには美顔器や美顔ローラーがとても効果的ですよ。

バイブレータータイプの美顔器は、自然と肌をリフトアップする効果があり血行の流れを改善するため、肌の栄養補給も十分にできるようになります。たとえばリフトアップ化粧品で肌を整えた後、そのまま成分を浸透させるよりも美顔器でマッサージしながら仕上げるとグングンと成分が肌に吸収されていきます。

ローラーなどは筋肉の引き締めにも効果がありますので、肌の弾力とハリを回復しさらに美容成分により美白や保湿なども同時にできるメリットがあります。

11.卵マスク

手作りでできるパックでもうひとつオススメなのが卵を使ったマスクです。卵の成分は肌のハリやツヤ回復にとても効果がありますので、敏感肌や乾燥肌のアンチエイジングにぜひプラスしてください。

作り方は卵1個分にレモン汁を適量合わせたものを顔全体に伸ばして10分ほど放置するだけ。肌の透明度がアップし表情全体も引き締まって見える効果があります。卵もレモンも家庭にある食べ物なのですぐにできる簡単なリフトアップ方法ですよ。

年齢が気になる肌を若返らせるメリットがあるので、寝る前のスキンケアとしてトライしてください。パックをした後は綺麗にぬるま湯で洗い流し、仕上げにリフトアップ効果がある化粧水で肌を整えて完了です。

コメントは受け付けていません。