クマと目の下のたるみのせいで老け顔に見えます。よい改善方法はありますか?

目の下のクマが影のように見え、いつも疲れた顔に見られてしまいます。こんな老け顔を若くするよいコツってありませんか。

目の下のクマは若い世代でも夜更かしした後や疲労が溜まった時に現れますよね。表情を暗くする原因でコンシーラーで必死に隠しても一時的な改善にしかなりません。目の下のクマは美白成分が配合されたアイクリームがオススメ。またリフトアップ化粧品を使って肌全体のたるみを改善し、目元をすっきり見せることも改善策のひとつです。

目の下はたるみ始めるとクマのように見える影が濃くなりますが、メラニン色素による色素沈着でなくハリ回復が効果的な場合もありますよ。

目の周辺の皮膚はとても薄く、紫外線や加齢などのサインがでやすい部分。クマやたるみが目立つと実年齢よりも老けてみられる原因なので、できるだけ効果的なケアをしたいですよね。化粧品を使ったアンチエイジングや普段の心がけなどすぐにできる対策を見ていきましょう。

ステップ1

普段の生活のなかで無意識にやってしまう怖い表情。しかめっ面や目を細めるといった表情は目の周りの皮膚を酷使する要因になります。目尻のシワは若い年齢からできることもあり、40代を過ぎるとさらに深く刻まれていきますよ。

また肌を故意に日焼けすることも紫外線のダメージにより肌細胞が劣化する原因。紫外線は体内で活性酸素を大量に発生させますので、できるだけ日焼け止めを使って屋外にでましょう。

顔の筋肉は年齢とともにどんどん衰えていきます。たるみやすい環境がありますので、たとえば寝るときに同じ側を下にするなど負担をかけないように意識してくださいね。普段のちょっとした習慣が目の周辺の老化を早める原因になりますので、心当たりがある人はご注意ください。

ステップ2

目の周辺はダメージを受けやすいため、SPF15以上の日焼け止めや化粧品を普段から使ってください。目の下にできるクマは加齢とともにたるみがプラスされるため、一晩寝て直るものではありません。

紫外線に当たるとコラーゲンが破壊され目の周辺の皮膚はたるみやすくなります。これを防ぐためにはリフトアップ化粧品で水分補給したり、アイクリームでしっかり保湿をしましょう。

外にでるときは日焼け止めと合わせてサングラスを使って光対策をすることも効果的です。顔は血液の流れが悪くなりやすく、リンパの流れが滞ると老廃物が蓄積されてしまいます。顔の血行を改善するためにはマッサージがとても効果的なので、入浴中に目の下を軽く抑えるように刺激をプラスしてみましょう。目の骨に沿ってリンパが流れていますので、マッサージで流れを活性化してください。

ステップ3

1日2回の保湿はシワや肌のハリ回復にとても重要です。リフトアップ化粧品の化粧水や、アイクリームを使って毎日保湿ケアを行いましょう。水分不足になると肌の表面の柔軟性がなくなり、目尻など動きが激しい部分は細かいシワができやすくなります。基礎化粧品は肌全体の乾燥を防ぎ、全体的なトーンを明るくする効果がありますので、年齢に合わせたアンチエイジング化粧品を使うことがオススメです。

40代以降は美白成分や抗酸化成分なども必要ですが、肌の土台を安定させるために保湿成分にこだわりたいところ。ヒアルロン酸やコラーゲンなどのうるおい成分は、浸透性が高い分子レベルである点などを意識してチェックしてみましょう。

ステップ4

寝る前のスキンケアで目の周辺を集中的にお手入れしてください。シワ改善によいアイクリーム、リフトアップ化粧品などは寝ている間の肌の働きをサポートするためとてもメリットがあります。
目の下のクマやたるみはアンチエイジング成分のレチノールやビタミンC誘導体、ビタミンEなどが効果がありますので、化粧品を選ぶ際に覚えておくとよいでしょう。

40代以降の目の周辺トラブルは以下のアイテムを使うと安心ですよ。

40代からの目の周辺トラブルにおすすめのアイテム
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 保湿クリーム
  • アイクリーム
  • リフトアップ化粧品

コメントは受け付けていません。