無表情の人って顔がたるみやすいって本当ですか?

現在40代前半です。なんとなく顔がたるみ始めた気がするのですが、無表情の人は顔がたるみやすいと聞きました。私は感情表現が苦手なタイプなのでたるみはどんどん進行するでしょうか。

無表情の人は顔がたるみやすいというのは本当です。ほうれい線や目尻が下がるたるみは加齢によることが原因ですが、表情筋がしっかりしている人ほどたるみが少ない傾向があります。

いつも一人で人と会話をしない人、感情をあまり出さない無表情のひとは顔の筋肉が痩せてしまうため、フェイスラインを中心に重力で下向きに下がってしまいます。ボディと同じで筋肉が減ってお腹のたるみが増えることと同じなのです。

たるみ改善のためには表情筋を鍛えるのが効果的です。表情筋を鍛える方法をご紹介します。

顔の筋トレで衰えた表情筋を鍛えること

加齢によるたるみは見た目年齢にも影響を与え、メイクでは隠せない大問題ですよね。色々なたるみ原因がありますが、表情筋は加齢とともに衰えてしまうため、年齢肌が気になりだしたら表情筋を鍛える顔のエクササイズを始めましょう。

口を大きく開きゆっくり「あいうえお」と動かし、口角を引き上げたり頬の筋肉をぎゅっと引き締めてください。同様に目を大きく開いて閉じるという運動も、目尻の垂れ予防に効き目がありますので朝洗顔後や入浴中などを利用してどんどん顔のエクササイズをしてくださいね。ほうれい線予防なら口を横に「イー」というように開き数秒間キープ。そのあとは唇をとがらせて同じく数秒間繰りかえしてください。

美顔ローラーやリフトアップ化粧品を活用しよう

表情筋を鍛えるには美顔ローラーがオススメです。ローラーをコロコロ転がすだけで血行改善になり、肌のくすみも軽減して透明な肌に。そして筋肉を外側から刺激しますので、さらにハリをだしてたるみ改善に効果があります。

またリフトアップ化粧品も肌細胞を活発にする効果がありますので、土台から改善するためにもぜひプラスしたいですね。毎日の基礎化粧品は目的に合わせて使うことで、さらに肌トラブルを軽減することができます。

たるみが気になるときはハリ効果や弾力を出す美容成分がたっぷり含まれたアンチエイジング化粧品がオススメ。いきなりたるみが消えることは残念ながらありませんので、コツコツと毎日努力しましょう。

表情豊かになるとストレスが減りホルモンも活発に!

無表情だと周囲に与える印象が悪く、肌も不健康に見えてしまいますよね。感情表現を豊かに楽しい時は思いっきり笑いましょう。ニコニコしながら生活していると気分も前向きになりますので、自律神経の働きが活発になりホルモンも安定していきますよ。

特に40代を過ぎると更年期の心配もありますので、日頃から気分を高めて表情豊かな生活を意識してください。いつまでも若い肌の人は色々な表情で周囲を楽しませてくれますよ。

コメントは受け付けていません。