年代別リフトアップ!しわたるみの原因&対策

しわやたるみが目立ち始める年齢は中高年だけではありません。加齢とともに体の働きが衰えてしまうのはどうしてもストップできないことですが、年齢に合わせたアンチエイジングやスキンケアをしないと、見た目年齢がどんどん老けてしまいます。

老け顔の原因になるしわとたるみの原因は人それぞれで年代別によっても異なりますよ。そこで気になるのが年代別リフトアップ。しわたるみの原因と対策について詳しくご紹介しましょう。

年代別のしわたるみ対策は

  • 30代
  • 40代
  • 50代

の各年代ごとに対策方法を見ていきましょう。

リフトアップしやすい30代のしわたるみ対策!

年代別リフトアップ、30代のしわたるみの原因と対策ですがまず知っておきたいのは30代は老化が目立ち始める年齢であると同時に、タイミング良くアンチエイジングを始めればリフトアップ効果が出しやすいメリットもあります。ではまず30代のしわたるみの原因について見ていきましょう。主に考えられる要因は以下ものがあります。

  • ストレス
    30代は仕事でキャリアを積んでいる女性や、結婚して出産後育児に励んでいる人などとても忙しいライフスタイルがあります。そのためストレスが溜まりやすく体の老化を自覚していないので、いきなり疲労による体調不良なども起こりやすい年代。
  • ストレスは自律神経を不安定にし、ホルモン分泌を乱したり皮脂腺の働きが不安定になることもあります。このような環境が肌細胞の働きを低下させてしわたるみの原因になりますよ。
  • 20代からのスキンケア習慣が原因
    20代後半になるとコラーゲンなどの肌の弾力成分が徐々に減り始めます。30代は溝の深いしわはまだ目立ちませんが、目尻など皮膚が薄い部分にちりめんジワのような細かい年齢サインが現れてきます。
    20代の若い肌のつもりで化粧品を変えずに使っている人、また夜更かしなど習慣的なことが延長となり30代のしわたるみ原因になってしまいます。
  • メイクによる刺激
    30代は人によっては20代のように若く見える人も多く、おしゃれやメイクにも気を使う年齢です。メイクをしっかりしないと外出できない人はファンデーションを厚塗りしたり、濃いポイントメイクで肌に負担をかけていますよね。
  • 化粧品には香料や色素などの肌に害となる添加物も含まれているため、それが刺激となりバリア機能を低下させている可能性があります。バリア機能が低下すると肌の潤いが逃げてしまうのでしわたるみができやすくなっていますよ。

このように30代のしわたるみ原因は加齢によるものと20代の延長による肌の刺激がダブルで重なっていますので、年齢別リフトアップするためには肌年齢を正しく理解して不足するものを補っていきましょう。

30代にオススメのリフトアップ化粧品は徐々に減り始めるコラーゲンを増加させるために、レチノールやビタミンC誘導体が配合された保湿化粧品がオススメです。なるべく早くしわたるみが目立つ前から予防対策を重視してくださいね。

またライフスタイルも美肌に良いことをどんどん取りいれ睡眠不足の解消、食事での栄養補給など見直しをすることも大切ですよ。30代のしわたるみ対策としてオススメのリフトアップのコツは以下の通りです。

30代 リフトアップのコツ

  • スキンケアに時間をかける
  • コラーゲンをしっかり補う
  • 美容サプリで体の中からもアプローチする
  • 保湿効果が高いオールインワンで手軽にスキンケアする

40代のリフトアップは肌に優しく続けよう

40代になるとたるみによるほうれい線がはっきりしてきますので、目尻のしわなどほかの部分で見た目年齢を老けさせないように工夫しないといけません。この年齢になると無表情の状態でもはっきりわかるほどのしわたるみが増えてくるため、なるべく老化スピードを早めないように意識したアンチエイジングが良いでしょう。では40代でおこるしわたるみの原因についてご説明します。

  • 肌のターンオーバーが乱れる
    40代になるといままで使っていた化粧品が急に肌と相性が合わなくなり、ヒリヒリしたり乾燥しやすくなります。ライフスタイルも人それぞれ異なり、専業主婦、働いている人などそれぞれの生活の場によっても肌に与える刺激が変わります。
  • 40代は紫外線のダメージなどが蓄積されることで肌のターンオーバーが乱れ、周期が長い人では40日以上かかることもあります。そのため化粧品で受ける刺激から回復するまでにも時間がかかり、肌の働きが弱ったまましわたるみの原因になってしまうのです。
  • バリア機能の低下で保水力低下
    バリア機能が低下すると外部の刺激に大変弱くなりますので、外出時の紫外線や肌に合わない化粧品によりバリア機能がさらに弱くなってしまいます。すると保湿をしても角質層からどんどん水分が蒸発し常に肌が乾燥した状態。皮膚が硬化して動きの激しい目じりや口元にははっきりとしわたるみが出てくるのです。
  • コラーゲンやエラスチンの生成量が激減する
    肌の弾力となる成分はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などがありますが、これらの美肌成分の生成量は加齢ととともに減りだし、40代になるとさらに加速されていきます。しっかり肌環境にあう化粧品で不足する弾力成分を補わないとしわたるみがさらに悪化してしまうのです。いつまでも若い時と同じ化粧品を使っている人はかなりしわが目立つようになるでしょう。

40代のリフトアップに良いことはアンチエイジング化粧品でたるみ改善の成分を与えることです。また肌細胞の老化がどんどん進行する年齢なので、抗酸化作用の高い成分もプラスしましょう。

例えばビタミンEやリコピン、アスタキサンチン、ビタミンC誘導体などは角質層の奥から働きかけるので細胞の酸化を防ぎ老化予防にメリット。スキンケアは高額な商品をたまに使うより、自分の肌に必要な成分が配合されたアンチエイジングを継続して使いましょう。主にリフトアップで注意したいことは以下のポイントがあります。

40代のリフトアップで注意すべきポイント

  • 目尻や口元のシワなどのポイントケアをする
  • ターンオーバーを活性化する保湿ケア
  • 生活規則のリズムを整えること
  • 無添加化粧品で肌に負担を与えないこと

 

50代のしわとたるみは保湿がポイント

50代になると本格的にリフトアップが必要になるほど、しわたるみがはっきりと目立ちます。さらに見た目年齢が老けてしまう理由としてしわたるみ以外にも肌のくすみ、しみなどの悩みのひとつですよね。

50代はポイントケアでは満足できませんので総合的なアンチエイジングをすることが大切。そこで早速ですが50代のしわたるみ原因と対策についてみていきましょう。

  • ホルモン分泌が低下する
    50代は女性がとても恐れる更年期を迎える年齢で、女性ホルモンの分泌量が低下すると体の不調だけでなく肌にも様々な変化がみられるようになりますよね。
  • 最もアンチエイジングが大切な年齢ともいえる50代ですが、ホルモン分泌が低下するとターンオーバーが乱れ、肌にも疲れが残ったままです。皮脂腺の働きが悪くなり肌が乾燥しやすいのですでにあるしわがさらに深く刻まれてしまいますよ。
  • 肌の浸透性が悪くなる
    皮膚の浸透力が弱くなる50代の肌は、普通の化粧品を使っても皮膚の表面を濡らす程度の効果しか期待できない場合もあります。しわたるみ改善に必要なハリ成分はしっかり角質層の奥へ届けないといけませんので、浸透力の弱い肌にはなかなか化粧品の効果も実感できないのです。
  • そのためしわたるみケアを続けていても効果が少なく、予防効果が不足して年齢肌がさらに悪化してしまいますよ。
  • 表情筋の低下
    表情筋は笑ったり怒ったりしながら、色々な表情を作るために毎日働いています。体の筋肉は加齢とともに量が減り顔も同様に筋肉不足の状態です。また長年の表情のクセにより目尻のしわ、笑いじわ、頬のたるみなどがくっきり跡に残っているため、へこみをなくすためには表情筋を活性化することが必要になります。

50代のリフトアップはどんな化粧品を使ってもすぐに効果は出ませんので、諦めずに習慣的にマッサージやパックなどのプラスケアも行うとよいでしょう。女性ホルモン低下による肌トラブルは、保湿成分がたっぷり配合されたアンチエイジング化粧品やリフトアップタイプがオススメ

また浸透性が弱くなっていますので、ナノ分子やビタミンC誘導体など肌にしっかり吸収される美容成分を意識してください。なるべく普段から負担をかけないようファンデーションの厚塗りも注意しパウダー系を使うといいですよ。注意点は以下のポイントを参考にしてください。

50代に必要なアンチエイジングのポイント

  • 紫外線対策を忘れないこと
  • マッサージで表情筋を鍛える
  • 美白やリフトアップなどトータル的なアンチエイジングをする
  • 抗酸化作用の高い野菜などを積極的に食べる
  • リラックスしてホルモン分泌を安定させる

コメントは受け付けていません。